クレジットカードという“信用”立て替え払いシステム

クレジットカードは“信用”を元にしている

クレジットですが、これは“信用”を意味する言葉です。
クレジットカードとはその人の信用をもとに、商品購入の決済時にこのカードを提示することでクレジットカード会社がお金を立て替えて支払うという仕組みになっています。
お金を立て替えてもらい、カード会社に後日精算するというものになります。

クレジットが軽減する盗難のリスク

このクレジットカードには特徴やメリットがあります。
まずは、現金を持ち歩くことによるリスクを軽減できるというメリットがあります。
多額の現金を持ちあることはそれだけでリスクを伴いますが、クレジットカードであれば1枚のカードを持つだけですみます。
特に海外旅行の際には現金の持ち歩きは危険である為、特に有用となります。

信用を大量に使うことでポイントが貯まる

また、クレジットカードを使い、買い物をすることによってポイントが付与されるということが多くなっているため、利用者によってはそのポイントで商品に交換したり、割引を受けるなどのメリットがあります。
これはクレジットカード会社が手数料収入のために、多くの使用を推奨しているためです。

高額の旅行代金を払ってもらうための海外旅行傷害保険

さらに、クレジットカードには旅行保険が付随しているケースが多いということもあります。
通常、海外旅行などに行く場合には、旅行会社が提供する保険にお金を払い加入する場合が多いですが、クレジットカードを持っているだけでその保険に加入したことになるというメリットもあります。

キャッシングとクレジットカードの違いについて

キャッシングとクレジットは似たような意味合いでとらえられる場合が多いですが、それぞれ特徴があります。
クレジットカードの支払では1回もしくは複数回を選べますが、通常1回払いでは手数料もかからなくなっています。
一方のキャッシングは、少額融資に事を意味し、現金を直接借りるものとなります。
通常では、クレジットカードにキャッシング機能が付随している場合が多くなっています。