クレジットカードの仕組みと便利な機能

メリットが大きいクレジットカードシステム

クレジットカードとは、現金の持ち合わせがなくても商品を購入したり、サービスを受けたりすることが出来る所有者の信用を元にしたカード決済の仕組みのことです。
利用する利点は、インターネットなどの通販での決済が簡単であること、海外で現金を持ち歩くことなく安心して買い物が出来ることなどが挙げられます。
また、利用額に応じてポイントが貯まる仕組みも一般的です。貯まったポイントは金券やサービスなどに交換することができます。航空会社や家電量販店などのカードが有名です。

クレジットカードの仕組みを解説

一般的なクレジットカードの仕組みは、カード会社が申込者にカードを発行に会員にし、小売店をクレジットの加盟店にします。
カード会社または信販会社と契約している小売店でカード会員はカードを使用することが出来ます。
会員は加盟店にカードを提示しサインをすることで本人であることを証明します。
決済が行われると、加盟店は会員の使った金額をカード会社に請求し、カード会社が会員のかわりに立て替えて支払うという仕組みです。

個人によって違う“クレジット=信用”の重さ

カードには月間利用限度額、1回の利用限度額などが事前に取り決められていますので、それを超えての利用は出来ません。
返済は会員が基本的に翌月一括で支払います。
最近では一括払いで支払った後でも後日に返済方法を分割払いやリボ払いに変更できるサービスもあります。
分割払いやリボ払いをする場合は手数料がかかる仕組みになっています。
これらの率は個人個人が持つクレジットカードによって変わってきます。
それはその人の“クレジット=信用”の重さの違いと言えそうです。

キャッシングも所有者に“信用”があるからこそ

クレジットカードには買い物が出来るだけでなく、他に付随するサービスがあります。
キャッシング機能は会員が現金を借り入れることが出来るサービスです。
基本的にこちらも翌月一括で支払います。
この借り入れたお金は買い物だけでなく他の目的としても利用できますので、急に現金が必要になった場合に便利に使えます。
クレジットカードが信用を基盤にした仕組みだと言うこと、おわかりいただけましたか?