海外でも国内でも役立つクレジットカードの申し込み方法

日常生活で使うクレジットカードの利便性について

クレジットカードは1枚保有をしていると日常生活の利便性が高まります。
まず買い物をする場合にはカード1枚あれば現金を持ち歩く事なく、買い物が出来ます。
さらに高額で現金の場合に手が出ない場合でも、カードであれば分割やリボ払いが可能となります。
現在は小口の買い物、例えばコンビニエンスストアでタバコ1つ買うにしてもカードが利用できます。
また分割やリボ払いの場合以外は手数料もかからない為、非常に便利です。
公共料金や病院代までもがカードで支払出来るようになっている上、ETC割引はカード保有者しか受けれない等、カードは日常生活に欠かせないものになっています。

海外旅行では本人を照明する道具の1つ

また海外では単に買い物のみならず本人確認の1つの手段として使われる場合もあります。
カードは銀行系や流通系等様々な形態で発行されていますが、カードを保有しているだけでスーパーでの買い物が割引になったり、ポイント還元率が違う等優待が受けれる等のサービスがあります。
カード会社にはそれぞれポイント制度があり、買い物の金額によってポイントが貯まり商品やギフトカード等と交換する事も出来ます。
このように使うだけでなく保有する事によりメリットも多々あります。

クレジットカードの申し込み方法

ではこのクレジットカードはどのように申込をすればよいのでしょうか。
申込者はまず勤続年数や年収、また居住先や勤務先等をカード会社に伝える必要があります。
カード会社はその内容をもとに審査をします。
また他社での借入がどの程度かあるかも重要となります。
申込者や保有者の情報はすべて信用機関に登録されますが、カード会社はその信用機関も照会します。
他社での内容に問題があった場合は当然審査に落ちてしまいカードは発行されません。
また保有していたとしてもカードの更新が出来ない場合もあります。
このようにカードは信用の上に成り立っているものですが、日常生活にはなくてはならいものです。
まず1枚保有する事から始めましょう。