クレジットカード否定者に理解してもらいたい3つのメリット

昔は恥ずかしかったクレジットカードでの買い物

一昔前まではクレジットカードに対して、色眼鏡で見る人が少なくなかった状況です。
しかし現在はインターネットにおける商品購入やデパート・スーパーマーケット等小売店における物品購入、またJRの定期券購入に際してもクレジットカードを使用する事が可能で所持する割合は増えて来ています。
そのカードの有効活用について以下に考察致します。

クレジットカードの有効活用について考える


確かに財布から現金を出して店員に渡す事なく『お金を使った』という実感があまりありませんので、人によっては使いすぎてしまうという危険性もあります。
しかしそれ以上に有効活用する事によるメリットで、下記に三つ挙げていきます。

【1】ポイント蓄積で買い物が楽しくなる

第一のメリットとして、買い物をする度にポイントを貯める事が出来、それを他の商品購入の際に充てられる事です。
最近になってカードにて買い物を出来る所が増えて来ており、スーパー・デパート・飲食店・その他小売店・JR等の電車定期券購入等、使用出来る場所は多岐に渡ります。

【2】オンライン決済で手軽に買い物

第二のメリットとして、インターネット決済が出来る事です。
ガスや水道等の公共料金の支払いをする際、その都度コンビニや金融機関に足を運ぶのは手間です。
しかしクレジットカードで最初に登録をしておけば、2回目以降は日程が来れば自動引き落としをしてくれるのでその時間を他のことにまわす事が出来ます。

【3】海外旅行で絶対的な信頼

第三のメリットとして、海外でも使用が可能である事です。
日本よりも治安が悪い国であればまとまった現金を持ち歩くのは危険ですが、カードであれはその心配は無くスリ等に遭って不正利用されても補償対象になるので被害を最小限に抑える事が可能です。
これからの社会において現金だけで生活していくのではなく、カード利用の大きなメリットについて精通し且つ上手く使用し有効活用を重ねていく事により、自身の暮らしをより豊かに幅のあるものにしていく事が賢明であると言えます。