クレジットカードは取り扱いと利用限度額に注意!

クレジットカードの使い方の注意点

クレジットカードの使い方についての注意点について考察します。
現在、人々の多くにクレジットカードはいきわたっており、買い物や生活料金の支払いの際に活躍しています。
様々な特約もついており、もはや人々の暮らしになくてはならないものとなっています。
しかし、便利であるがための落とし穴が存在していることも事実です。
以下に、その内容について記述します。

クレジットカードで陥りやすいマイナス面

【1】利用限度額まで使うことは危険です

まず、限度額まで使えてしまうことです。
多くのカードには限度額が設定されています。
所有者の支払い能力に応じて儲けられた制限であり、これ以上を使うことはできないようになっています。
しかし、それはあくまでカード本体に設けられた限度額であり、所有者がお金を持っていなくても使うことができるため、自分の身の丈を上回る買い物をすることができてしまいます。
本来手元にお金がない状態であるにも関わらず買い物をしてしまえば、その分のお金はマイナス、つまり借金となってしまいます。
また、金銭面での信用は社会的な信用ともほぼ同義であるため、使い方を間違えると信用そのものを失ってしまいます。

【2】犯罪に巻き込まれる可能性もあります

次に、犯罪に利用されるケースについてです。
その性質上、犯罪にしばしば利用されることがることを解説します。
たとえば、誰かにカードを作らせてそれで買い物を行い、商品をそのまま転売して利益を得る一方支払いの分は踏み倒したり、カードのデータを専用の機械で読み取って不正利用を行ったりすることです。
近年これらの犯罪は増加傾向にあるため、十分な対策をとる必要があります。
クレジットカードは便利ですが、道具である以上正しい使い方をする必要が求められます。
道具に振り回されないように、賢く使わなければならないのです。