リボルビング払いのクレジットカードの賢い利用方法

クレジットカードは1人複数枚が当たり前

今の時代カードで商品を買ったりお金の借入れをすることが多いです。
その中でよく使われるものにクレジットカードがありますが、このタイプのカードにはいろいろな用途があります。
一つには商品の支払いの代わりに使うことで、現金を持っていると何かと面倒ですからカードで簡単に支払うことが出来ます。
いまや1人で複数枚、日本の総人口よりも多くのクレジットカードが発行されています。

意外と知られていないキャッシング機能

もう一つの特徴としてはキャッシングが可能で、契約している金融機関のATMを利用すれば現金を借りることが出来ます。
海外旅行でクレジットカードが活躍するのはこのキャッシング機能。
現地のATMで現地通貨を引き出すことができる上、為替レートは銀行間のものが使われるため、普通の両替よりもレートが良いのです。

支払い方法がリボルビング払いだと金利が嵩みます

商品の支払いやお金の借入もできる便利なカードですが、気をつけておくべき所があります。
それは商品を買った時の支払い方法がリボ払いである時で、リボ払いは月々の支払額が小さいのでトータルの返済額が大きくなりがちです。
リボ払いとは月に払う返済額を一定化させて負担を軽減するものです。
しかし返済額が小さいので高い商品を買うと借金の元金が減らなくなります。
そして借金が減らなければその分負担が増えるので、結果的に大きく損をするのです。
リボ払いで支払いをしている時は支払総額がどうなるのか調べておいた方がいいです。

利用条件、返済条件の確認を忘れずに

それ以外ではリボルビング払いのクレジットカードはポイント還元率や割引率などでメリットが多く、持つべきカードとなります。
特にコンビニやスーパーなどが発行しているカードには大きな特典があります。
実際に物を売っている店のクレジットカードは、その店で買い物をすると高いポイントが付きます。
普通に買い物をするよりも格安で買えることになるので、生活の負担が大きい方に向いています。
カード使った買い物はお金のある人がするものだと考えがちですが、最近はポイント制が発達しているのでお金がない人向けのカードが増えています。
例えば食料品を常に数%安く買うことができれば、年間の負担が小さくなります。
今はそういうカードが増えているので、カードでの買い物は多く方にメリットのあるものになっています。