クレジットカードのつけ払いのシステム

クレジットカードの「credit」=つけで買うこと

クレジットカードの「クレジット」とは、そもそも「信頼」をベースにした「後払い」や「つけ払い」といった意味があります。
その名の通り商品購入、またはサービス提供における支払いの方法の一つです。
仕組みとしては、支払いの際にクレジット会社が支払いの肩代わりをし、あとでカード利用者に代金の請求をするという感じです。
その際、クレジット会社からは手数料を上乗せして利用者への請求を行います。

クレジットカード代金の支払い方法


支払いの方法としては、一般的には翌月一括払いが主となっています。
また手数料のかからない2回分割払いや、アドオン払いもあります。
ただしカード利用する店舗によっては、カード自体が対応していても使えない場合もあるので注意が必要です。

リボルビング払いは支払いの長期化が問題

近年では、リボルビング払いも主流になってきている状態です。
これは毎月、決められた一定金額を支払う方法で、買い増ししたとしても支払額が変わらないのが特徴です。
そのために、家計を圧迫せずに済むということで利用者は年々増加の一途を辿っています。
ただしリボルビング払いは金利や利息が高くなり、支払期間も延びるため、リボ払いの多用はあまり推奨できません。

ツケが可能な金額=その人の信頼度

ただ後払いだからといって、無制限に使えるわけではありません。
利用者の属性、つまり支払い能力や信用状況などによって限度額は変わってきます。
一般的なカードですと5~50万円ほどです。
利用実績によっては50~100万円ほどになることもあります。

ゴールドカードは支払い能力の証

また富裕層向けのゴールドカードなどでは、50~300万円程度となります。
こういったカードの性質上、入会するには厳しい審査が設けられています。
支払い能力の有無を確認するわけです。
とはいっても毎月安定した収入があれば、アルバイトやパートでもクレジットカードを持つことは可能です。
また、過去に延滞や遅滞などがないかも、入会には重要な項目になってきます。